青色申告で「事業用」と「個人用」の通帳は分けるべき?

そもそもなぜ帳簿付けに通帳がいるのか

 

青色申告の65万円控除を受けるためには「複式簿記」の記帳が必須になります。

「複式簿記」とは事業用のお金の流れを明確にするためにつけるものです。

みなさまの事業で上がった収益が全て現金で動くのならば通帳の用意はしなくて良いのですが、たいていの方は通帳に所得が入金され、通帳から送金したり、クレジットの引き落としが行われます。

何月何日にどんな理由で入金され、どんな理由で通帳からお金が引き出されたのか。

その記録は必要になります。

あなたの通帳の記録と帳簿の中身はピッタリと合わないといけません

私はそのことを知らずに事業に関係のない取引は記帳していませんでしたので、帳簿の金額が合わず、もう意味不明でした。

すべての通帳の記録がいることをその時はじめて知りました。

通帳のデータを記録するなんてめんどくさいですよね。

そこは会計ソフトと事業用の通帳のデータを連携させておけば、取引がある度に勝手にデータが上がってきますので、心配ご無用です!

 

事業用と個人用は分けなくても大丈夫

 

「事業用と個人用の通帳を分ける必要はない」というのは事実です。

ただし、事業用の通帳は1冊にしておいた方が絶対に楽です。

どれを事業用にするかだけは最初に決めておいた方が良いですね。

事業用で使用している通帳と生活費が一緒になっていても、ちゃんと帳簿に入力しさえすれば問題はないです。

最終的に事業用の通帳と帳簿が合えばいいだけなのですから。

 

覚えておくと便利な「事業主貸」と「事業主借」

 

生活費として出ていったお金は「事業主貸」という勘定科目で処理するだけです。

例えば、事業用の通帳から5000円を引き出してプライベートの洋服を購入した場合は

 

事業主貸 5000円  /     普通預金 5000円

 

という仕分けにすればいいのです。

普通預金が減った理由は事業主に貸したからですよ〜という感じです。

 

逆に事業用の通帳に5000円を生活費からもってきた場合

 

普通預金 5000円 /     事業主借 5000円

 

という仕分けで、普通預金が5000円増えたのは事業主から借りてきたからですよ〜という記帳ですね。

 

この事業主というのは自分のことですからね!

 

自分の生活費から借りたり貸したりをしているという記録です。

この「事業主貸」と「事業主借」は確定申告の際に直接的に影響することはありませんので、どれだけ使用しても構わない勘定科目になるのです。

事業と直接関係のない取引はこの「事業主貸」と「事業主借」さえあれば、通帳がごちゃ混ぜになっていても怖くありません。

 

事業主貸は左側。

事業主借は右側。

 

と覚えておいたら楽です。

 

私は通帳を分けた方が絶対に楽だと思う

 

通帳は分けなくても大丈夫ということなんですが、私は完全に分けるようにしています。

 

理由は帳簿付けが楽になるからです。

 

私はMFクラウドという会計ソフトを使用しているのですが、ゆうちょのデータを連携しているのでMFクラウドに自動的に通帳の記録が上がってきます。

その上がってきたデータを自分で仕分けするだけなのですが、やたら「事業主貸」とかが多いと仕分けの手間が増えるなぁ〜と思うからです。

しかも事業に関係のない「事業主貸」「事業主借」が決算書に残るので、なんとなくややこしい気分になるのです。

実際はややこしいことでも何でもないのですが、無駄な作業は1秒たりともしたくない人間にとっては分けた方が、秒単位だとしても時短になります。

几帳面な性格の方も通帳は分けていた方がいいと思います。

事業に関係のない記帳が仕訳帳に残ってごちゃごちゃしていると、何だか帳簿が複雑に感じます。

それは私のことなのですが…。

通帳の記帳が少なくなると、帳簿がすっきりするので間違いを探したりする際や、帳簿を見直したい時には楽だと思いますよ。

 

クレジットカードも2枚あると楽だと思う

 

この時代誰でも持っているクレジットカード。

大きな買い物をする際などもカードで支払うことが多いですよね。

このカードのデータも会計ソフトで連携してしまえば、クレジットカードが使われたらすぐにデータが飛んできます。

そのため、個人用で100円のものをカードで買ったり、事業に関係のないものを買ったりするとそのデータも一緒にデータが上がってくるのです。

その中から自分で、経費で使用したものなら勘定科目を分けて、個人用の買い物だった場合は「事業主貸」という勘定科目で記録していかなくてはいけないのです。

なので、事業用と個人用が一緒になっている方はいちいち事業用か個人用か分けなければいけません。

この作業も私は嫌いです。

少しでも作業を楽にしたいからです。

そのためカードは2枚にしました。

もちろん1枚でも問題はないですが、2枚なら作業が減ります。

 

事業用カードの引き落とし口座は事業用通帳を指定する

 

事業用のカードは三井住友カード個人用は楽天カードに分けています。

そして事業用のカードは事業用の通帳を引き落とし口座に設定し、個人用カードは別の銀行を引き落とし口座に設定しています。

これをすることにより会計ソフトに連携する通帳とカードが事業のもののみになりますし、連携されるデータが事業用で使用したものばかりになります。

帳簿がシンプルになりますので、数字や簿記が苦手な人にとっては簡単明瞭になると思います。

個人用に関しては直接事業に関係ありませんので、記帳する必要はもちろんありません。

 

現金も分けておくと便利です

 

通帳の記録と一緒に現金の記録もしなければいけません。

例えば現在手元にある現金が0円だったとします。

そのため、事業用通帳から1万円を引き出します。

 

現金 10,000円 /    普通預金 10,000円

 

という記帳が残りますね。

現金を10,000円手に入れて、通帳の残高は10,000円減ります。

そしてこの10,000円から事業用の車にガソリンを3000円分入れたとします。

 

交通費 3000円 /    現金 3000円

 

という記帳になります。

ということは今、手元には事業用で使用できる現金が7000円残っているということです。

現金出納帳の残高は7000円になります。

 

現金出納帳は会計ソフトが勝手に作ってくれていますので楽ちんです♪

 

手元にある現金と現金出納帳も合っていないといけませんので、事業のお金とプライベート用のお金も分けていると分かりやすいですね。

実際はお財布を2つ持って買い物に行くのは面倒くさいので、私は大抵事業用クレジットで買い物をしちゃいます。

クレジットならデータ連携で勘定科目を入力するだけなので、結局は一番楽ですよ。

徹底的に楽したいですもんね。

 

さいごに

 

  1. 事業用通帳と帳簿の残高は合わないといけない。
  2. 「事業用」と「個人用」の通帳は分けなくても大丈夫。
  3. 「事業主貸」と「事業主借」は生活費の出入りの際に便利な勘定科目。
  4. 通帳は分けた方が帳簿が見やすくて作業が減る。
  5. クレジットカードも「事業用」と「個人用」があると仕分けが楽。
  6. 事業用カードを作るなら、引き落とし口座も事業用通帳にする。
  7. 現金も事業用とプライベート用と分けておくと現金出納帳と合わせやすい。

 

会計ど素人の私が会計ソフトを使用しながら感じたことを書かせていただきました。

通帳もカードも何枚も持ちたくない性格なのですが、帳簿がシンプルになり簿記の理解も深まってきますよ。

帳簿が合うと嬉しくなったりして、もしかして私簿記のこと好きになっているのかも..なんて思えるかもしれません。

何か参考になりましたら嬉しいです。