生理前のイライラで裁判事件も勃発! PMSの症状あれこれ。

PMS(月経前症候群)とは

 

PMS(月経前症候群)という言葉は聞いたことがあるだろうか。

生理前になるとイライラしたり、気分が落ち込んだり、甘い物が食べたくなったり、肩が凝ったりetc…

なんとPMSには200種類以上の症状があると言われているらしいのである。

だいたい生理の2週間前くらいから始まるのだが、原因ははっきりとは分かっていないらしい。

ざっくり言えば「ホルモンのバランスが崩れて、身体に様々な影響を起こす」というかんじであろう。

女性の80%自覚症状があるという情報があるようであるが、私の周りには自覚症状のない人も多い。

月に一度、謎の不機嫌期に入る友人がいたが、あれはPMSだったのでは…と思われることから

本人は気づいてなかったようであるが、そのような人は意外と多いのではないのだろうか。

ちなみに、私はバリバリPMSに振り回されている

振り回されすぎて、人生めちゃくちゃになりそうだったのでPMSのサプリで症状を抑えている。

私の妹なんかもPMSはひどく、悪意の塊となるその時期だけは恐ろし過ぎて距離をとるに限る。

私は悪意の塊と化したり、悲劇のヒロインと化したり、他人と口を利かなくなったり…

そして甘いもの延々と食べ続けては後悔を繰り返している。

出典元: someecards.com

まさに、この画像のようである。

PMSの不思議な症状あれこれ

 

次にPMS代表的な症状と個人的に起こる不思議な症状をご紹介。

 

・神経質になり部屋の片付けをしたくなる

・断捨離をしたくなり、物を捨てまくる

・偏頭痛

・肩こり

・乳房が張る

・自己価値観が著しく低下し、自信がなくなる

・情緒不安定になり、死にたくなって泣く

・人に興味が涌かなくなり、人と関わりたくなくなる

・甘いものや辛いものを食べ続ける

・メールの返信をしなくなる

・匂いに敏感になる(加齢臭にひどい嫌悪感を覚える)

・音に敏感になる(TVや荒っぽい人の生活音がうるさく耳障りになる)

・携帯やパソコン、TV等の電子機器に触れたくなくなる

・過去のことを思い出して、勝手に怒りがわいてくる

・身近な人にイライラして八つ当たりする

・きびきび動けなくなる

・集中力がなくなり上の空になる

・男性がうっとうしく感じ、興味がなくなる

・おじさん全般に嫌悪感をいだく(お父さんが嫌いになる)

 

メールの返信をしないおじさん全般が嫌いになるとか、もう人としてどうなのだろうか

先日、電車に乗った際など、隣におじさんが座らないように心の中で必死に祈ったほどある。

そんな自分に疲れて、甘いものでストレスを発散して、負のスパイラルにハマるのだ。

ちなみに、母の友人なんかは、生理前になると万引きをしたくなる人もいたという。

その友人は裕福な家庭で育ったので、お金に困っているわけではないにも関わらずである。

イギリスのある殺人犯などは、毎月決まった周期で罪を犯し

収監中にも自殺未遂や放火などの騒ぎを起こしていた。

細かい調査で、その周期が生理前の決まった時期であることが明らかになり、その殺人犯は

殺人罪ではなく、事前に殺意のなかった殺人として故殺罪減刑されたというのだから驚きである。

 

万引き殺人などは、本当に特殊な例だとは思う。

しかし、ホルモンによって凶暴になったり悲観的になったりするのだからホルモン恐るべしである。

PMSの症状は人それぞれ様々だし、体調によっても毎回違ったりはする。

私はサプリメント(ルナベリー)を飲んだり、自分の心をリラックスさせる工夫をしたりして

少しずつ改善の方向に向かっている。

PMSで変身してしまった自分を責めたって何の解決にもならない。

PMSだからこそ「何が自分にとって癒しだろう」考え、それを自分に与えてあげるきっかけにする。

ちょっとずつ自分のことを知ることが、PMSと上手に付き合うコツなのではないかと思うのである。

 

PMSでお悩みのみなさま、一緒にがんばりましょうね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です