PMSの症状で裁判沙汰も勃発! イライラ、肩こり、情緒不安定

PMS(月経前症候群)とは

 

こんにちは、えみりあです!

本日はPMS(月経前症候群)について書いてみようと思います。

 

皆さんは、PMS(月経前症候群)という言葉を聞いたことがありますか?

 

生理前になるとイライラしたり、気分が落ち込んだり、甘い物が食べたくなったり、肩が凝ったりしませんか?

 

そうなんです、生理前に女性に起こる不調な症状のことです。

なんとPMSには200種類以上の症状があると言われているんですって!

 

だいたい生理の2週間前くらいから始まるのだが、原因ははっきりとは分かっていないらしいのです。

 

「ホルモンのバランスが崩れて、身体に様々な影響を起こす」と言うのは間違いがないとは思います。

 

女性の80%自覚症状があるという情報があるようですが、私の周りには自覚症状のない人も多いです。

 

月に一度、謎の不機嫌期に入る友人がいましたが、あれは完全にPMSだったと今では思います。

 

本人は気づいてなかったみたいですが、そのような人は意外と多いのかもしれませんね。

 

 

PMSの不思議な症状あれこれ

 

今まで私に起こったことのあるPMSの症状を書いてみました。

  • 神経質になる。
  • 偏頭痛。
  • 肩こりがひどくなる。
  • 胸がはる。
  • 自己評価が低くなる。
  • 自信を無くす。
  • 情緒不安定になる。
  • 泣く。
  • 人に興味がなくなる。
  • 人と関わりたくなくなる。
  • 甘いものや揚げ物が食べたくなる。
  • パンやパスタ、ラーメンが食べたくなる。
  • ときめきの気持ちがなくなる。
  • メールの返信ができなくなる。
  • 部屋の片付けをしたり、物を捨てたくなる。
  • 匂いに敏感になり、肉や魚の生臭い匂いがダメになる。
  • 加齢臭に嫌悪感を覚える。
  • 音に敏感になる。
  • テレビや生活音がうるさく感じる。
  • 携帯やパソコンの電子機器に触れたくなくなる。
  • 過去のことを思い出して、怒りが湧いてくる。
  • 普段気にならないことにイライラする。
  • キビキビ動けなくなる。
  • 集中力がなくなり、ミスが増える。
  • 上の空になる。
  • おじさんが嫌いになる。
  • お父さんにもイライラする。

 

なんか色々大変ですね。笑

メールの返信をしないとか、おじさんが嫌いになるとかもう大丈夫なのかな。

 

ちなみに、母の友人なんかは、生理前になると万引きをする人がいたみたいです。

その友人は裕福な家庭で育ったので、お金に困っているわけではなかったそうですが、不思議な症状もあるんですね。

 

実は、イギリスでこんなことがありました。

ある殺人犯が毎月決まった周期で罪を犯し、収監中にも自殺未遂をしたり放火などをして騒ぎを起こしていたみたいなんです。

細かい調査をしていくうちに、その周期が生理前のある決まった時期であることが判明し、なんとその殺人犯は事前に殺意のなかった殺人として、減刑されたみたいなんですよ!!!

 

万引きや殺人などは特殊な例かもしれません。

しかし、ホルモンによって凶暴になったり悲観的になったりするのだからホルモンは侮れませんね。

 

PMSの症状は人それぞれですし、毎回症状も違ったりします。

 

サプリメントを飲んだり、自分の心をリラックスさせる工夫をしたりして、少しずつ体質改善をしています。

 

PMSで変身してしまった自分を責めたってなんの解決にもなりません。

 

PMSだからこそ何が自分にとって癒しだろう考え、それを自分に与えてあげるきっかけにしてみる。

 

ちょっとずつ自分の体や心のことを知り、上手に付き合っていけばいいと思います。

 

えみりあ
PMSでお悩みの女性のみなさま、一緒に頑張りましょう!