ハロウィンメイクや普段使いにもオススメの舞台用コスメ♪

舞台専用メイクなんてものがあるんです

 

いよいよ迫ってきた日本舞踊の発表会に向け舞台メイクを研究中のえみりあです。

去年は普段よりも濃いめにしたつもりが、舞台上ではあまりよく分からず、さらに写真で見たら普段メイクと変わりなかったという結果に。

今年はパーティーメイクよりも濃いめ、宝塚歌劇団よりも薄めのメイクを目指し、去年の反省点を生かしてメイクの練習をしております。

今までは普段使いのメイク用品を濃いめに使用していたのですが、今年は人生初の舞台用メイク用品を購入してみることにしました。

実は舞台メイク用品というのは発色がいいのに落ちにくいため、普段使いにしても使い勝手がいいんですよ♪

 

「三善(みつよし)」

 

舞台用メイクで検索したら一番に出てきたサイトがこちらの「三善」のメイク用品。

舞台に立つ方には結構有名な化粧品らしく、バレエやダンス、演劇などされる方にオススメの化粧品です。

三善さんのサイトには各ジャンルごとにメイクの仕方やオススメのメイク用品が紹介されていますので、初めての方でもとても参考になります。

舞台用メイクと聞くと、お肌に負担がかかるイメージが強いのですが、毎日舞台に立つ方のために作られた化粧品ですので、できるだけお肌に負担のないように作られているようです。

私はおしゃれなブランドの口紅を使うと唇が荒れるため、オーガニックや無添加の口紅しか使えませんでした。

今回、三善の口紅、アイシャドー、チークにも使用できるライニングカラーというものを使用してみたところ、全く唇が荒れなくて驚いております。

色も発色がよく、納得のいく赤口紅になかなか出会えなかった私も納得の発色持続性があります。

普段使いをする場合は色が濃すぎるために塗る量を気をつける必要があるかもしれませんが、安い値段で様々な色があるのでメイクの幅が広がりそうな予感です♪

 

     

 

今回購入したのは、ライニングカラーの4B(チーク、リップ、シャドー)、ステージライナー(アイライン)、ステージファンデーション・プロ(ナチュラルライト)の三点です。

はっきり言ってライナーとファンデーションは市販のものでも良かったかな〜という感じです。

ライナーは乾くのが遅いし、なんとなく使いづらい。普段使いのすぐ乾くウォータープルーフのやつを太めに引けばいいだけだったかもしれないなぁという感じです。

ファンデーションは普段よりも明るい色を購入したのですが、赤い口紅に白めの肌でなんだかお化けみたいになりました。

近距離は自分でも見るのキツかったなぁ。気持ち悪くて。

まぶたに赤のシャドーを入れようとライニングカラーを入れて失敗し、ますますオバケみたいになる始末だし。

あっ、ハロウィンメイクを考えている方はぜひオススメですよ。

HPにはオバケメイクの仕方も乗っていますので、興味のある方はこちらで見れます。

 

「チャコット」

 

こちらもバレエやダンスをされる方の舞台用メイク用品です。

「三善」のメイク用品を購入した後「チャコット」を知ったのですが、こちらの方がHPもオシャレだし、メイク用品も可愛いし、なんとなくこっちにすれば良かったかも…なんて思っています。

見ててウキウキしてくるんですよね。

そういうのって大事なんですよ!!!

なにやら美容師もオススメしているコスメらしく、チャコットのパウダーなんてネットでえらく話題になっているらしいのです。

アマゾンでのレビューも結構良さげ。

いずれはチャコットのパウダーがどんなものが試してみようと思います。

チャコットのサイトはこちらです。

 

舞台メイクで大事なこと

 

舞台メイク初心者の私ごときにできることと言えば、それは日々研究すること。

なにも舞台に限ったことではなく、普段のメイクも研究次第で上達するのは間違いなしでしょう。

女優の石原さとみちゃんも毎晩鏡を見ながらメイクの練習をしているようですし、まさに美は一日にしてならずですね。

本気で綺麗にメイクをしたいと思った時、自分の顔を知ることって大事だなぁ〜と思います。

人の顔って左右非対称だし、眉の形も唇の形も様々です。

それをわかった上でいろんなメイクを試してみると、似合うものが分かってきたり、自分の欠点をカバーしたり、逆に欠点を魅力に変えたり…それがメイクの魅力かもしれません。

あとは素肌のケアも大事だなぁ〜と思いました。

特に30越えると光の当たり具合で肌のたるみやほうれい線が気になるんですよね。

しっかり素肌をカバーするのもメイクで大事なポイントですが、素肌が綺麗な人にはやはり敵いません。

美しいメイクをするためにも、美しい素肌でいることを心がけましょう。

今回紹介した舞台メイクは本当に色々なシーンで使えますし、何より両方とも日本製と安心です。

比較的値段もお安く、舞台用コスメを普段使いにするという素晴らしいアイデアもオススメですので、是非ともお気に入りのコスメに出会われてくださいね。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です