トロントの地下鉄でバイオリンを奏でる仙人が気になる

トロントの地下鉄には音楽家がいっぱいいる

 

トロントで働いていたとき、毎朝地下鉄を使って職場まで通勤していました。

大きい駅になると楽器を奏でるパフォーマーの方が朝早くからいるのですが、これが結構な癒しになります。

乗り換えで電車を待つ間に、朝っぱらから生の演奏が聴けるんです。

しかも、みんなプロ並みのレベルでなんで地下鉄で演奏しているのか不思議なくらいでした。

ある時は、電車に乗っていると耳にイヤホンをつけた若い子達がたくさん乗り込んできて、電車の中で踊り始めるという不思議な光景も目にしたことがあります。

これが現実なのか一瞬自分でも分からなくなるくらいカオスな風景。

これは夢なの?

いや、夢じゃない。

 

なんか若い子達が電車内でノリノリで踊ってる!!!!!

 

トロントの地下鉄は表現者がたくさんいるんです。

本当に刺激的で心の栄養補給ができます。

日本でもこんな風景が見れる日が来るといいなぁ。

 

バイオリンを弾くおじいさんがどうしても気になる!

 

そんな音楽家達が演奏するトロントの地下鉄ですが、中でも私のお気に入りのおじいさんがいました。

初めて彼を見たときに、本当に申し訳ないのですが、ホームレスのおじいさんかと思ってしまいました。

だって身なりがもう…ヒゲにボロボロの服に裸足のおじいさん。

森の中に住んでる仙人や魔法使いのおじいさんみたいな感じだったのです。

森の中の小屋に一人で住んでいて、本とかがそこら中に積み上がっているごちゃごちゃした部屋にいそう。

動物と話したりしてそうなイメージ。

 

しかし何故かバイオリンを持っている。

そして、一旦バイオリンを弾き始めると私はそのおじいさんの大ファンになってしまったのです。

森のおじいさんが大都会トロントの地下鉄で美しいバイオリンを奏でるんです。

彼のバイオリンがどうしても好きで、ずーっと聴いていたいくらい。

でも仕事に遅刻するからそれはできない。

彼は街中でも演奏していたりして、一度道端でバイオリンを弾く彼を見たことがあります。

彼のファンだという女性とそのとき話したのですが、彼女は彼の音楽を大絶賛していました。

彼の奏でる音楽を聴くと幸せな気分になるんです。

彼の自由な空気と音楽を愛しているエネルギーが伝わってくるような感じです。

仙人と偶然道ですれ違ったことがあるのですが、最初仙人だと気づかずに変なホームレスだと思ってガン見する私にウインクをしてくれたんですよ。

振り返ったらバイオリンを背中に背負っていたので、地下鉄の仙人だと気づきました。

あの時の仙人のウインクは私の宝物です。

 

仙人の正体が判明!

 

彼はEzra Azmonという方で、ネットで結構記事が出ていたり、動画が出ていました。

動画をアップしているのは通りすがりの方もいるみたいですが、みなさま声を揃えて

 

He made my day very happy

 

とコメントしています。

「彼が今日という日を幸せにしてくれた」というような意味です。

あなたのおかげで最高の日になったよ〜という感じです。

 

えみりあ
私も彼に道で出会うと幸せな気分になっていました。本当にラッキーな気分になるんですよ〜!

 

彼はトロント大学で演奏しているとか教えているとかなんとか、彼のファンだという女性が言っていた気がするのですが、忘れてしまいました。

トロント大学というワードだけ残っているのですが、彼は色々活動しているのかもしれません。

 

youtubeで探してみたところ、彼の映像がありました!!! しかもたくさんあります。

 

 

しかも彼のドキュメンタリー的なものも発見!!!

 

 

仙人さま。やっぱりすごいなぁ。

道と自然とバイオリンとバッハが彼の空気みたいなものみたいですね。

不思議な仙人さんのことが少し知れて嬉しいです!

 

自分のもっている全てのものが、音楽を通して人の心に届くのかもしれません。

 

ふたたび彼の音楽を生で聴ける日を楽しみに待ちます。

今もトロントのどこかで演奏しているのかなぁ。