オードリーヘップバーンも愛した「時を超えた美しさの秘密」

歳をとるということ

 

わたしたちは歳をとる。

咲いた花が、やがて散る様に、当たり前の現象。

シワが増えた、シミが増えた、傷の治りが遅くなった、疲れがなかなか抜けないetc…

心はいつまでも若いのに、老いてゆく肉体。

 

確実に10年前とは色々違うのである。

その度に、悲しい気持ちになるわたしが、心の引き出しに入れている詩がある。

この詩はオードリー・ヘプバーンが愛したと言われている詩であり、彼女の美しさの秘密が

全て詰まっているような詩でもある。

 

 

美のスランプに陥ったとき、老いに打ちのめされたときに。

ふと思い出せたらいいなぁ〜と思ったので、ここで紹介いたします。

 

時を超えた美しさの秘密

 

魅力的な唇である為には、美しい言葉を使いなさい

愛らしい瞳である為には、他人の美点を探しなさい

スリムな身体である為には、飢えた人々と食べ物を分かち合いなさい

豊かな髪である為には、一日に一度子供の指で梳いてもらいなさい

美しい身のこなしの為には、決して一人で歩んでいるのではないと知ることです

物は壊れれば元には戻りませんが、人は転べば立ち上がり

失敗すればやり直し、挫折すれば再起し、間違えれば矯正し

何度でも再出発する事ができます

どんな人も決して見捨ててはなりません

人生に迷い、助けてほしいとき

いつもあなたの少し先に、助けてくれる手が差し伸べられている事を

決して忘れてはなりません

歳をとると、人は2つの手があることに気づきます

ひとつは、自分自身を助けるため

もうひとつは、他者を助けるため

女性の美しさは、見にまとう服にあるのではなく

容姿でもなく、髪を梳くしぐさでもありません

女性の美しさは、その瞳の奥にあるものです

そこは心の入り口であり、愛情の宿る場所であります

女性の美しさは、顔のほくろに影響されるものではなく

本当の美しさは、その精神が反映したものなのです

それは温かい思いやりの心であり

時として見せる情熱であり

その美しさは

歳を重ねることで磨かれてゆくものなのです

 

サム・レヴィンソン

 

(以下原文)

“Time Tested Beauty Tips”

For attractive lips, speak words of kindness.
For lovely eyes, seek out the good in people.
For a slim figure, share your food with the hungry.
For beautiful hair, let a child run his fingers through it once a day.
For poise, walk with the knowledge you’ll never walk alone …

People, even more than things, have to be restored, renewed, revived,
reclaimed and redeemed and redeemed …
Never throw out anybody.

Remember, if you ever need a helping hand,
you’ll find one at the end of your arm.
As you grow older you will discover that you have two hands.
One for helping yourself, the other for helping others.

The beauty of a woman is not in the clothes she wears,
the figure that she carries, or the way she combs her hair.

The beauty of a woman must be seen from in her eyes,
because that is the doorway to her heart,
the place where love resides.

The beauty of a woman is not in a facial mole,
but true beauty in a woman is reflected in her soul.
It is the caring that she lovingly gives, the passion that she shows,
and the beauty of a woman with passing years only grows!

Sam Levinson

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です